新しい出版の形 手のひらの宇宙BOOKs

手のひらの宇宙BOOKs

花一輪に宇宙があるように
誰の手のひらにも宇宙がある
それは生まれ生かされてきた証

花は一途に咲いて
季節とともによみがえる
人も一途に生きて
記憶をよみがえらせる
この手のひらBOOKに

手のひらの宇宙BOOKsは、まったく新しい出版の形です。
企画から編集制作・装丁にいたるまでプロが責任をもって行いながら
共著という形をとることで費用を低く抑えることができました。

執筆者を募集しております。 詳しくは ⇒ こちら

あうん社は出版をより身近に

トピックス(出版界のニュースなど)

  • 『穴太の石積み』平野隆彰著(第二版第1刷) 2021年10月1日発刊予定( 2021.9.1 )

    本書は2007年2月に初版を発行し、5~6年前には在庫がなくなりました。
    ここ数年なぜか、書店をはじめ読者からの問い合わせ(「図書館で見たが、アマゾンや古書店を探してもない。ぜひ買いたい」など)が増えていました。「何とか手に入れたい」とのご要望に応え、第二版として発行することになりました。 あうん社
  • 『田舎は最高VOL2』 次の生き方は田舎がいいね。( 2021.7.13 )

    『田舎は最高』は、丹波新聞社に連載した記事をまとめ、平野自身の田舎への思いを書きおろして2007年に出版。VOL2はそれに続くものですが、副題のとおり、これからの丹波地方(丹波市・丹波篠山市など)の可能性をさぐります。
    田舎を舞台にしてどのような人たちが活動しているのか(活動できるか)をメインテーマとします。
  • 『田舎は最高VOL2』 次の生き方は田舎がいいね。( 2021.7.13 )

    『田舎は最高』は、丹波新聞社に連載した記事をまとめ、平野自身の田舎への思いを書きおろして2007年に出版。VOL2はそれに続くものですが、副題のとおり、これからの丹波地方(丹波市・丹波篠山市など)の可能性をさぐります。
    田舎を舞台にしてどのような人たちが活動しているのか(活動できるか)をメインテーマとします。
  • 次の生き方Vol.2 ―自然に寄り添う人たち ( 2021.4.29 )

    森 孝之 編著
    ISBN 9784908115295
    単行本 ハードカバー 268ページ
    定価2200円(本体2000円+10%)

    アイトワの想い
      人生とは、「選択と決断の森」を駆け抜ける小史
    前を向いて、自分らしい日々をたくましく歩みたい
    この一書に、その先達に加わってもらえました
      人生とは、「方向」を見定めようとする意欲が誘う小史
    その方向の吟味と、見つめ直しが欠かせない
    そ名手に加わってもらえたのです
      人生とは、大胆な「方向転換」もいとわない心構えが誘う小史
    勇気、やる気、エネルギー、そして希望を欠かせない
    それらのお裾分けが出来そうです
      決断して、一歩前へ。すでに私達は必然の未来に踏み出している
    あれが「人生の節目だった」と振り返りたい
    最後まで読んでヨカッタ、と言っていただけることでしょう
                     (編著者)

  • 鯨が飛んだ日 ―平維盛 即身成仏物語( 2021.1.29 )

    平野 隆彰 著
    単行本 並製本 264ページ
    定価(本体1500円+税)
    ISBN 978-4-908115-28-8  9784908115288
    発行所 あうん社
  • 商人道と起業の鉄則 -小林宏至著作集【総集編】( 2020.11.18 )

    著 者   小林宏至(株式会社 甲南アセット代表取締役)
    企画編集 あうん社
    発行人  平野智照
    発行所 あうん社
    発行日 2020年11月12日
    ISBN 978-4-908115-26-4  
    定価(1800円+税)

    独立起業してから約半世紀、
    手がけた10余のビジネスを
    ことごとく成功させた秘訣は、
    確かなビジネスモデルを導く商人道だった。
    “起業と事業成功の鉄則”をあますことなく公開
    規模の大小にかかわりなく、経営者必携の「虎の巻」。
                  (本書の「帯」より)
  • 『自然治癒力を高める マクロビオティック 基礎編』 ( 2020.8.26 )

    あうん社の企画編集により、ミネルヴァ書房から出版されました(「手のひらの宇宙BOOKSシリーズ」ではありません)。書店やアマゾンなどでお求めください。

    『自然治癒力を高める マクロビオティック 基礎編』 
     ――正食医学の理論と実際

    磯貝 昌寛 著
    ミネルヴァ書房
    2020年8月30日 初版発行
    単行本(四六判) 288ページ 定価(本体2,500円+税)
  • 電子BOOK 看板は語る( 2020.4.22 )

    ようやく、ようやく発行しました。以下、「はじめに」より
    本書は、本来なら四年前(2016年)には発行する予定でした。それが延び延びになってしまったのは、ひとえに編集者一人の怠慢によるものです。寄稿していただいた三人の方には長い間お待たせして大変申し訳なく思っています。また何よりも南部白雲さんには遅延したことをお詫びしなくてはいけません。
  • 『マクロビオティックの世界観 巻2』( 2020.4.2 )

    「遊ばざる者は食うべからず!」と喝破した桜沢、
    世界へ羽ばたいていく、その情熱と行動力。
    メイゾン・イグノラムス(愚か者の家)の生き残りとなった著者が、「桜沢如一研究の第2段」として恩師に捧げるオマージュ。
  • マクロビオティックの世界観 巻1・巻2同時発行 ( 2020.4.2 )

    マクロビオティックの創始者ー桜沢如一先生が21世紀に残したもの