新しい出版の形 手のひらの宇宙BOOKs

手のひらの宇宙BOOKs

花一輪に宇宙があるように
誰の手のひらにも宇宙がある
それは生まれ生かされてきた証

花は一途に咲いて
季節とともによみがえる
人も一途に生きて
記憶をよみがえらせる
この手のひらBOOKに

手のひらの宇宙BOOKsは、まったく新しい出版の形です。
企画から編集制作・装丁にいたるまでプロが責任をもって行いながら
共著という形をとることで費用を低く抑えることができました。

執筆者を募集しております。 詳しくは ⇒ こちら

あうん社は出版をより身近に

トピックス(出版界のニュースなど)

  • 手のひらの宇宙的 新ニッポン風土記Vol.1 ( 2019.6.15 )

    人生は物語である。歴史は物語である。
    この宇宙そのものが物語である。
    それらを総じて風土記と呼ぶ。
  • 食と農と里山Vol.4 ( 2019.6.15 )

    編集発行人  平野智照
    18の手のひらの宇宙・人
    4月8日より発売、アマゾン・書店で注文できます。

    発行日2019年4月3日初版第1刷
    ISBN978-4-908115-19-6 C0095
    定価(本体1300円+税) 

    発行日2019年4月3日初版第1刷
    ISBN978-4-908115-19-6 C0095
    定価(本体1300円+税) 
  • 起業の鉄則塾( 2019.3.14 )

    私はこれまで4冊の本を出版してきました。その中で繰り返し言っていることの一つが、次の言葉(鉄則)です。
    ――「魚のいる池で釣りをする」のは商売のイロハである。
    このことについては本書でも述べていますが、「魚のいる池」というのは、市場(池)にニーズ(魚)があるという意味に他なりません。そういう池ではライバル(釣り仲間)が集まり競争も激しいけれど、切磋琢磨する競争がなければ発展性がありません。競争相手のいない池には魚(ニーズ)も少ないからです。いたとしても大きな釣果(成果)は期待できません。(「はじめに」より)
  • 一念一途に 三つ子の魂・花ひらく( 2019.4.8 )

    ~幼児教育の応援団として半世紀
    吉川 靜雄 著

    子供たちの三つ子の魂(蕾)のひとつひとつが、健やかに花開いてほしい。そして立派な日本人に育ってほしい! 本書のタイトルには真民さんの詩に託し、幼児教育への応援をライフワークとした私の思いを込めました。
    私の好きな言葉は――
     『その時の出会いが人生を根底から変えることがある。よき出会いを』 相田みつを
     『人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。一瞬遅からず一瞬早からず』 森 信三
    この本があなたにとって、よき出逢いになりますように。  
    (「はじめに」より)
  • 『手のひらの宇宙 No.7』12月1日発行( 2017.11.17 )

    お待たせしました! 
    あうん社の手のひらの宇宙BOOKsシリーズ第18号
    『手のひらの宇宙 No.7』12月1日発行。
    17人の手のひらの宇宙・人著 平野智照編 
    236ページ 並製本
    発行日:2017年12月5日
    定価 (本体1200円+税)
    ISBN978-4-908115-16-5 C0095

    ご予約・ご注文はあうん社へ。
    12月5日以降、アマゾンからもご購入できます。

  • マザーテレサ 夢の祈り ―看取り士20人の想いと願い( 2017.8.12 )

    柴田 久美子 編著

    定価(本体1500円+税) 
    発行日2017年9月10日
    ISBN 978-4-908115-15-8 C0095
  • 復刻本 いよいよ発売( 2017.8.12 )

    『シャープを創った男 早川徳次伝 合本復刻 わらく』が
    丹波新聞(8月10日)に紹介されました。
  • 『シャープを創った男 早川徳次伝』+『わらく』合本復刻( 2017.7.13 )

    7月20日頃、いよいよ発行!
    只今、予約受付中です。

  • 手のひらの宇宙No.6( 2017.4.15 )

    22の手のひらの宇宙・人 著
    平野智照 編
  • あの世へゆく準備 VOL.1( 2017.1.20 )

    2月21日からアマゾンで注文いただけます。
    書店での「注文お取り寄せ」は3月1日からです。